WordPress 設置メモ


久しぶりに新しい WordPress のサイトを設置したのでメモ。

今回は独自ドメインを Freenom で取得し、レンタルサーバーの「スターサーバー」にホスティングする。そして WordPressサブドメインに設置する。

(1)ドメインの取得

最初はスターサーバーでもらえる無料ドメインを使おうとした。しかし、スターサーバーの無料ドメインだとデフォルトでサブドメインとなる。Google Adsense を導入したい場合、サブドメインのみだと登録できない。Google Adsense はルートドメインをまず登録する必要がある。

ということで、無料ドメインを Freenom で取得した。

freenom で無料のドメインを取得する – with a Christian Wife
https://blog.withachristianwife.com/2018/07/15/getting-free-domains-with-freenom/

(2)「Freenom の Client Area>Management Tools>Nameservers」で「Use custom nameservers (enter below)」を選択。スターサーバーのネームサーバーを入力。Change Nameservers をクリック。



ネームサーバーの設定 | レンタルサーバー【スターサーバー】
https://www.star.ne.jp/manual/domain_nameserver.php

(3)「スターサーバーのサーバー管理ツール>ドメインドメイン設定>ドメイン追加>他社管理のドメインを追加する」で1のドメインを追加。Whois 認証。

(4)数時間待ち、URL にアクセスして、「お客様のホームページがアップロードされていません。」と表示されるようになる(FTP が使えるようになる)ことを確認する。



(5)「Freenom の Client Area>Management Tools>Nameservers」を「Use default nameservers (Freenom Nameservers)」にする。「Save Nameservers」をクリック。

(6)「Freenom の Client Area>Manage Freenom DNS」で以下を追加。

(6-1)【ルートドメイン
・Name:(空欄)
・Type :A
・TLL :3600
・Target :「スターサーバーのサーバー管理ツール>各種情報>サーバー情報>IP アドレス」のアドレス



(6-2)【サブドメイン
・Name:[作成するサブドメイン]
・Type :A
・TLL :3600
・Target :「スターサーバーのサーバー管理ツール>各種情報>サーバー情報>IP アドレス」のアドレス

(TLL は一旦、300 とし、あとで 3600 にすると DNS の反映時間を短縮できるかも。)

Save Changes をクリック。

(7)「スターサーバーのサーバー管理ツール>ドメインサブドメイン設定>[対象ドメイン]」をクリック。サブドメインを作成する。

小一時間待つとサブドメインにもアクセスできるようになる。

(8)スターサーバーの「サーバー管理ツール>ドメインSSL 設定>[対象ドメイン]>無料独自 SSL 追加」で SSL を追加。

(9)スターサーバーでデータベースの作成とデータベースユーザの追加を行う。

(10)WordPress をダウンロード、解凍。

Blog Tool, Publishing Platform, and CMSWordPress.org
https://wordpress.org/

(11)FTP クライアントで 10 のファイルをアップロード。

(12)サイトにアクセス。インストール画面になるはずなので、画面に従いインストール作業を進める。

データベースホスト名はスターサーバーの「サーバー管理ツール>各種情報>サーバー情報>MySQL ホスト名」のアドレスを書く。

これでインストールが完了するはずだ。

***

(今回 WordPress は英語でインストールした。)

・「管理画面>Settings>General>Timezone」を日本時間の「UTF+9」にする。
・「管理画面>Settings>Writing>Update Services」に書かれている URL を消しておく。

【インストールしたプラグイン
Really Simple SSL – サイトの SSL
https://wordpress.org/plugins/really-simple-ssl/



Disable Comments – コメント機能を停止する。
https://wordpress.org/plugins/disable-comments/

Classic Editor – 旧エディターに戻す。
https://wordpress.org/plugins/classic-editor/

Disable Embeds – リンクカードではなく通常のリンクにする。
https://wordpress.org/plugins/disable-embeds/

Auto-hyperlink URLs – URL を書くと自動でハイパーリンクに。
https://wordpress.org/plugins/auto-hyperlink-urls/

a3 Lazy Load – 画像を遅延読み込みさせる。
https://wordpress.org/plugins/a3-lazy-load/



Disable Admin Notices Individually – 管理画面で不要な通知を表示させない。
https://wordpress.org/plugins/disable-admin-notices/

WP Multibyte Patch – WordPress で日本語を扱う問題を解消する。
https://wordpress.org/plugins/wp-multibyte-patch/

Auto Limit Posts Reloaded – 投稿一覧で各投稿に表示する文字数を制限する。
https://wordpress.org/plugins/auto-limit-posts-reloaded/

AmazonJS – Amazon アソシエイト用リンク作成。
https://wordpress.org/plugins/amazonjs/

PhpSword Favicon Manager – ファビコンの設定。
https://wordpress.org/plugins/phpsword-favicon-manager/

Two Factor Authentication – 二段階認証の導入。
https://ja.wordpress.org/plugins/two-factor-authentication/

【テーマ】
テーマ探しでは、プレビューの段階でテーマ検索画面のサムネイルと同じ感じに表示されているものがいいと分かった。サムネイルと違う場合は、追加プラグインのインストール等で調整が必要で、ちょっと手間がかかる可能性が高い。

【子テーマの導入】
テーマのカスタマイズをするために、子テーマを導入する。

参考:
WordPress「子テーマ」の作り方。カスタマイズ方法を解説 | ハジプロ!
https://hajipro.com/wordpress/wordpress-theme-child

【AmazonJS プラグイン
・[WordPress][プラグイン] AmazonJS のプルダウンをデフォルトで日本にする – with a Christian Wife
https://blog.withachristianwife.com/2020/03/23/making-default-store-japan-of-amazonjs-in-wordpress/



・style.css に以下を追記し、価格を非表示に。
/*AmazonJS価格非表示*/
.amazonjs_listprice {
display:none;
}
.amazonjs_price {
display:none;
}

【スラッグ入力欄を広げる】
WordPressのblog投稿で使うスラッグ入力欄を拡げる | ゆうそうとITブログ
https://usortblog.com/sluginputexpand/

【自動アップデートを止める】
以下を functions.php に追記。
/*自動アップデートを止める*/
add_filter( 'allow_minor_auto_core_updates', '__return_false' );
add_filter( 'allow_major_auto_core_updates', '__return_false' );
add_filter( 'auto_update_theme', '__return_false' );
add_filter( 'auto_update_plugin', '__return_false' );


無料のソフトウェアをダウンロードならこちら__WWW.XWIN.JP ホームページの金額に気に必要ありません、実際0です